スピリチュアル的に見た別れの意味とは?江原啓之さんの言われる恋人との別れ

スピリチュアル的に見た別れの意味とは?江原啓之さんの言われる恋人との別れ

出会いがあれば、当然のように別れもありますよね?

別れって、想像以上につらいものです。

この別れこそが、人を苦しめるものですよね?

そんな別れのもつ、江原啓之さんが言われるスピリチュアルてきな意味をご紹介していきます。


スピリチュアル的に見た別れの意味とは?

別れって、本当につらいものですよね。

私は少し前に別れを経験し、かなり苦しみました。

でも、江原啓之さんの言葉に出会い、立ち上がることができたのです。

別れをいつまでも引きずってると、人ってどんどん根暗になってしまいませんか?

私は、悪い方に悪い方にどんどん引きずられていくようなそんな感覚でした。

別れを引きずっていると、波長もどんどん下がっていってしまうんだそうです。

あなたのいる立ち位置が、どんどん低い方にいってしまうということなのです。

そう言われてみて、はっとしました。

「このままじゃダメだ。立上らなきゃ」と思ったのです。


江原啓之さんの言われるスピリチュアル的な別れの意味

出会う人とは出会うし、別れる人とは別れるのです。
波長の法則によって、出会いも別れも決まってきます。

そういうことなんですね。

波長の法則で、すでに決まっているものなんですね。

波長の法則については、以下の記事もチェックしてみてください。

▶【世の中に存在する波長の法則

自分と同じ波長の人と出会い、そして波長に違和感を感じるようになったら別れていくということなのかもしれません。

そして、縁がある人とはまた必ず会えるということも江原啓之さんに教えていただいたのです。

▶【江原啓之さんの言う縁がある人とは

江原啓之さんのこれらの言葉のおかげで、彼との別れを受け入れることができました。

別れた直後は、自暴自棄になる寸前でした。

でも、そんなことしても、何にもならないということを学んだのです。


恋人と別れた人はスピリチュアル的な別れの意味を考えてみること

恋人と別れたばかりの時というのは、本当に辛くて消えてしまいたい。

どうして、もっとうまくやることが出来なかったんだろう?と自分を責め続けるはずです。

でも、そんなことしなくてもいいのです。

最初から決まっていたことなんだと、受け入れることがスピリチュアル的な別れの意味です。

そして、縁がある人とはまた必ず会えると考えてみることで、気持ちが楽になるはずです。

また、別の観点から見ていくと次に来る出会いのために当然のシナリオだったのかもしれません。

いろいろな考え方がありますが、スピリチュアル的な観点から見ていくと納得ができることがたくさんあります。

恋人との別れが辛いという方は、ぜひ江原啓之さんの言葉をいろいろ参照されてみてください。

私もそうだったのですが、絶対気持ちが楽になっていきますよ。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP