江原啓之さんのいう「心がネガティブになった時」の1番の特効薬とは!?

江原啓之さんのいう「心がネガティブになった時」の1番の特効薬とは!?

心がネガティブになってしまう事って、誰にでもあるものですよね。

もう何もする気が起きなくなってしまったり。

なかなか浮上できなかったり。

長い人生において、そんな事もあるものです。

ネガティブな気持ちになってしまった時の江原啓之さんのいう1番の特効薬についてご紹介します。


心がネガティブになってしまった時はどうしたら良い?

心がネガティブになっているときは、全てを一旦棚上げして、自分を休ませてあげましょう

どうしても、心がネガティブになってしまう事って誰でもあるものです。

そんな時は、一旦全てを脇において休憩するのが良いという事を江原啓之さんに教えていただきました。

確かに、ネガティブな気持ちになってる時って何をしてもうまくいかないですよね?

ぼーっとしながら洗濯をしたら、洗剤を入れるのを忘れてしまったとか。

些細な失敗も、よく繰り返してしまいます。

そんな時は、一旦全てを脇においてリフレッシュしてみると良いと江原啓之さんは言われています。


焦りを感じたら人生という枠で考えること

何となく、生き急いでる方って多いはずです。

ちょっとでも休んだら、誰かに追い抜かされてしまうとか。

ちょっとでも休んだら計画が狂ってしまうとか。

何かに急かされてる方って、実はかなり多いのではないでしょうか?

急かされてしまい、自分のペースで進めないから、心がネガティブになってしまいます。

心がネガティブになってしまうのは、思い通りに生きられていないからなのではないでしょうか?


長い人生という単位で考えて見ること

短いスパンで考えるから、焦ってしまうのです。

人生を、長いスパンで考えてみてください。

長い人生の中で、ちょっと休む位の時間って誰にでもあるはずです。

休むことで、見える世界が変わることもあるのです。

人生は有限ですが、それでも今のあなたがしてることだけが全てではありません。

辛くなってしまった時は、ゆっくり休んで好きなことをすることで見えてくるものってあるはずです。

ネガティブな気持ちを引きずったまま何かをしても、うまく行くものも行かなくなってしまいます。

一旦ブレイクする余裕を持つことで、きっとあなたの人生も良くなっていくはずです。

江原啓之さんの教えていただくことを実践していくことで、人生は変えられます。

人生で大切なことって、実はほんのわずかなのです。

それを難しく考えてしまうために、なかなかうまく行かなくなってしまうのです。

もっと楽に生きたい。

もっと自分らしく生きたい。

という方は、是非江原啓之さんの言葉をチェックしてみてください。

スピリチュアルを学ぶうちに、人生で大切なことに気づけるはずです。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP