パワースポットとスピリチュアルスポット

パワースポットとスピリチュアルスポット

パワースポットと、スピリチュアルスポットとは同じ様で異なるものだということをご存知でしょうか?

私も、江原啓之さんに教えていただくまで知りませんでした。

パワースポットとスピリチュアルスポットの違いについて、ご紹介していきます。


パワースポットってどんな場所なの?

パワースポットとは、「パワーを感じることができる場所」のことを言います。

江原啓之さんの言葉を借りるならば、「エナジーの強い場所」ということになります。

エナジーの強い場所ってどういう意味?

と思われる方も多いでしょう。

どこであっても、「あなたにとって良いエネルギーのあふれる場所」であれば、それはパワースポットだということなのです。

海だったり、山だったりも立派なパワースポットです。

海や山って、いろいろな癒しスポットですよね?

明日も頑張ろうという活力を得られる場所であり、そして清らかな気持ちになれる場所でもあります。

そのような場所が、いわゆるパワースポットと呼ばれる場所なのです。

近所にある喫茶店に行くと、いつもエナジーを得ることができる。そんな場所であるのであれば、あなたにとって近所の喫茶店はパワースポットなのです。

あくまでも、あなたにとってのパワーを得られる場所がパワースポットと呼ばれる場所なんですね。


スピリチュアルスポットとは?

それでは、スピリチュアルスポットとはどんな場所なのでしょうか?

スピリチュアルスポットは、パワースポットであり、さらに神聖な場所であることが条件となります。

それはつまり、パワーを感じられる場所であり、神聖な神さま型のエネルギーがある場所、神社や神さまと深く関わりがあるような場所がスピリチュアルスポットに当たるのです。

伊勢神宮だったり、出雲大社などは代表的なスピリチュアルスポットにあたります。

また、宮崎の高千穂なども神聖な場所であり、スピリチュアルスポットと呼ばれる場所なのです。

長野の戸隠なども同様にスピリチュアルスポットと呼ばれる場所で、天照大神が神話の中で戸を隠した場所だとされています。

聖域と呼ばれる場所が、江原啓之さんの言われるスピリチュアルスポットなのですね。


あなた自身のパワースポットはありますか?

自分自身がエナジーを感じるところと言うのは、どこでもパワースポットです。
そして、祈りの場で敬意と感謝と反省に訪れる場所というのがスピリチュアルスポットという事になります。

かなり深いお言葉ですよね?

パワースポットは、身近に作っておくことをパワーがなくなってしまった時にパワーを補うために出かけることができる場所です。

私自身も、江原啓之さんのこの言葉を知るまで、パワースポットは持っていませんでした。

が!!!!!

自分のパワースポットを持つことで、疲れた時、気力を失ってしまった時の回復力が全然違ってきます。

なかなか、パワースポットを持つなんて友達に言ったりすると、不思議がられてしまうかもしれません。

自分の中だけで、「ここは私のパワースポットだから」と思っておいても良いのではないでしょうか?

江原啓之さんにパワースポットのことを教えていただき、自分自身のパワースポットを持つようになってから、毎日が行きやすくなりました。

だって、心が疲れてしまった時に羽を休めることができる場所があるのですから。

これって、とっても大きなことなのです。

自分自身のパワースポットを作られた方にしか、わからないかと思います。

もしも、まだあなたの中でパワースポットがないというようでしたら、是非あなたの周りですぐに行ける、羽を休めることができるパワースポットを作ってみてください。

そうすることで、人生とっても行きやすくなるはずです。

経験者は語ります。

あなたの人生も、生きやすい人生になりますように。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP