江原啓之の2018年の予言は【爆発の年】ってどういう事!?

江原啓之の2018年の予言は【爆発の年】ってどういう事!?

江原啓之さんが雑誌の対談で、2018年は爆発の年になるなどと言われてました。

これは一体どういうことなのでしょうか?

江原啓之さんの語られる2018年の予言についてご紹介します。


江原啓之さんの2018年の予言

江原啓之さんが2018年はどういう年になるか、雑誌で予言されていました。

その中の一つで、【爆発の年】になるなどと言われていました。

爆発の年とは一体?

2017年の江原啓之さんの予言では、不安の年でした。

それから爆発の年へ。

混迷の時代が訪れるという意味合いだそうですね。

そんな時代に幸せに生きるために重要になってくることが【厄を払うこと】なんだそうです。

そして多くの人たちが、厄について誤解をしているんだそうです。


江原啓之さんの言われる正しい「厄」の解釈法

それでは、江原啓之さんの言われる正しい厄の解釈とはどういうものなのでしょうか?

まず、多くの人たちが厄とは

  • 降りかかってくる災難
  • 苦しみ
  • 辛いこと

などと捉えています。

私も実際にそうとらえてました。

でも、厄ってそうではなくあなたに起こる出来事には全て原因があるというのです。

それを江原啓之さんは、「因縁果」と呼ばれています。

そして、原因がなければ結果は起こらないというのです。

例えば、病気になってしまったりするのは自分自身不摂生などをしてしまった結果だったり。

もちろん全ての病気が不摂生というわけではありませんが、もともと遺伝子的にというのも原因があるからですよね。

怪我なども同様ですよね。

最近疲れてて、不注意だったからということって多々あるものです。

何かしらの災難というのは、私たちに「軌道修正が必要だよ」ということを教えてくれてるものなのです。

それに気づかせてくれたのが、江原啓之さんのこちらの言葉でした。


上手に厄を払うために内観すること

2018年という爆発の時代を幸せに生きていくためには、前述の通り厄を払うことが重要になってきます。

そして、内観することで厄を払うことにもつながるということを江原啓之さんに教えていただきました。

時代の流れは、どんどん変わっていきます。

全て自分次第の時代に突入しています。

厄についても、自分に厄が襲ってきたのはなぜなのか?

内観できる人が強いですよね。

そして、厄払いについても同様で、厄に見舞われないようにまずは今の自分自身について先回りして内観関してみるのも良いですね。

江原啓之さんの言葉で、2018年どう生きればいいのか、いろいろと知ることができました。

この時代を幸せに生き抜くために、ぜひ試されてみてください。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP