仕事で戦力外通達を受けた方への江原啓之さんの語る言葉がかなりおすすめ!

仕事で戦力外通達を受けた方への江原啓之さんの語る言葉がかなりおすすめ!

仕事を頑張ってきて、ある日突然「君はもう大丈夫だから!」と戦力外通達を受けてしまった!という事ってあるはずです。

そんな時って、「この会社のためにすべてを捧げてきたのに!」と誰もが思うはずです。

恨んでやると思う方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、そんな事をしても何にもなりません。

マイナスなものを運んでしまうだけです。

仕事を外されてしまった方が知るべき江原啓之さんの言葉について、ご紹介します。


仕事で戦力外通達をされてしまった時の江原啓之さんの言葉

人は、仕事をする為に生まれていたのではなく、生きる為に仕事をしているのです。

これってどういう事だかわかりますか?

仕事って、あくまでも生きるための道具なのです。

一生を捧げてきた仕事だった!と思われる事もあるでしょう。

いろいろなものを犠牲にして今まで来たのにという方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ここで気付けて良かったのではないでしょうか?

犠牲にしたのも、会社があなたに命令してた訳ではないですよね?

あなたがそれを望みそうしてきた話ですよね?

これからの人生のために、神様がチャンスを与えてくれたと思って見てはいかがでしょうか?


人生で大切なことは仕事だけではない

人生において大切なことって、仕事だけではありません。

あなたの周りを見渡してみてください。

仕事をするために犠牲にしてきたことってたくさんありませんか?

人間関係も、仕事のせいにして崩してきたのではありませんか?

そんなことたちを修正する良い機会なのではないでしょうか?

何かを犠牲にしてまでする仕事って、本当にあなたにとって重要な仕事なのでしょうか?

人生には大切なものがたくさんあります。

そんな大切なものたちをすべて大切にできる仕事ってありませんか?


良い機会なのであなたにとって向いてる仕事を考えてみよう

せっかくの良い機会なので、本当にあなたに向いてる仕事について考えてみてください。

あなたは何をやってる時が幸せですか?

何が好きですか?

どんな人生を歩みたいですか?

できること、できないことのたな卸しをしてみるのも良いでしょう。

仕事って、適当にやってると伝わります。

反対に楽しそうにしているのも伝わるものなのです。

本当は何をしたいのか、何のしがらみも考えずに心に聞いてみてください。

あなたが本当にやりたいと思ったことを仕事にしてみるのも、一つの方法です。

そして、周りの人たちに正直な気持ちを話してみてください。

そこからが、新たなスタートとなるのではないでしょうか?

人生において、一度や二度戦力外通達を受けたからといって、どうってことないですよね?

たまたまあなたには向いていなかっただけの話です。

それをピンチと取るかチャンスと取るかで、その後の人生は必ず変わっていくはずです。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP