江原啓之さんに教えていただいたこと「嫉妬をスピリチュアル的に解釈する」とどうなるの?

江原啓之さんに教えていただいたこと「嫉妬をスピリチュアル的に解釈する」とどうなるの?

人の中の感情に、「嫉妬」「妬み」という感情があります。

自分自身が嫉妬の感情を持ってしまうこともありますし、反対に妬みの対象になってしまうこともありませんか?

そんな時には、どうしたらいいのでしょうか?

江原啓之さんに教えていただいた「嫉妬をスピリチュアル的に解釈すること」について、ご紹介します。


嫉妬の感情ってどうしたらいいの?

嫉妬の感情を持ったり持たれてしまったら、相手の気持ちを理解してみることです。

江原啓之さんの言われる嫉妬とは、とても深いものです。

嫉妬って、「相手のことを羨ましい」と思うからこそ出てくる感情ですよね?

そして、スピリチュアル的に解釈していくと「相手より自分は劣っている」「相手に負けてしまった」と感じた時に出てくる感情が、妬みの感情なのです。

妬みの感情は、「知らない間に相手と競争しているから」こそ出てくるものです。

自分は自分、あの人はあの人という気持ちでいることで、嫉妬だったり妬みの感情というのは出てこないものなのです。

なぜなら、他人と比べる必要なんてないですから。


あなたが嫉妬の対象になってしまった場合はどうしたら良い?

反対に、誰かから嫉妬や妬みの対象にされてしまうことってありませんか?

そんな時は、一体どうしたら良いのでしょうか?

他人の問題なので、どうすることもできないと思ってしまう方もいらっしゃいますが、何かできないことはないか、考えてみてください。

そうなのです。

そんな時にするべきなのが、「内省すること」なのです。

自分自身に何かしら非がなかったか、考えてみてください。

次にするべきことが、「相手の気持ちになって考えてみること」だと江原啓之さんは言われています。

妬まれてしまった場合に、通常の場合なかなか相手の気持ちまで考えることってできません。

そんな時こそ、心に余裕を持って相手の気持ちを考えてみるべきなのです。

そうすることで、相手の方の気持ちを理解することもあったりします。


スピリチュアル的に嫉妬の感情をなくす方法

それでは、嫉妬の感情をなくすためにはどうしたら良いのでしょうか?

前述の通り、嫉妬というのはスピリチュアル的に考えていくと「自分の自信のなさの表れ」です。

人と比べてしまうからこそ、出てきてしまう感情が嫉妬であり妬みの感情です。

そんな感情をなくすために手っ取り早いのが、「周りの人を喜ばせること」をすることなんだそうです。

人を羨んだ所で、マイナスなものしか生まれません。

反対に、人を喜ばせることで生まれるものってプラスのものでキラキラ輝くものですよね?

人を喜ばすことで、感謝の循環が生まれ自分に返ってきます。

そうこうしているうちに、あなたの中にある嫉妬の感情は無くなるはずです。

嫉妬というものをスピリチュアル的に解釈していくことで、「妬み」や「嫉妬心」から解放されるためにはどうしたらいいのかがわかるようになります。

江原啓之さんのスピリチュアルは、自分自身の心と向き合うためにも、人生を良い方向に進めていくためにもとても大切なことをたくさん教えてくださるものなのです。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP