江原啓之さんが言われる「厄年」とは?厄年をスピリチュアル的に解釈してみたらどうなる?

江原啓之さんが言われる「厄年」とは?厄年をスピリチュアル的に解釈してみたらどうなる?

生きていれば、誰にでも「厄年」はやってきますよね?

そんな厄年をスピリチュアル的に解釈するとどんなものなのかを、江原啓之さんが言われていました。

厄年のスピリチュアル的な解釈について、ご紹介します。


江原啓之さんが言われる厄年って?

厄年というのは、お肌の曲がり角と一緒で、人間は周期的にガタがきやすいものなので、健康面を注意しなさいということ。
厄年を気にする場合は人間ドックに行くこと。
事故というのは怖いことだが、大難に至っていない。
注意が欠けていますよというメッセージとして受け止め、注意をすればいい。

生きている限り、誰にでも厄年はやってきますが、そんな厄年をどう解釈するかが重要になってきます。

厄年をスピリチュアル的に解釈していくと、江原啓之さんが言われるには「がたが来やすい時期」なんだと言われています。

電化製品でも、ずっと使っていれば必ずがたが来てしまうものですよね?

人間も、ずっと駆動し続ければ誰でもy割ってしまうことってあるものなのです。

その時期が「厄年の時期」なんだそうです。


厄年に敏感になりすぎるべからず

厄年が近づくと、「来年から厄年が来るしどうしよう(>_<)」

という気持ちになってしまう方が多かったりします。

本人ばかりじゃなく、周りの人たちも「厄年だから、お祓いに行かなきゃ。」などと、厄年を意識させるようなことを次々に言われたりするものです。

もちろん、お祓いに行くのが悪いことという訳ではなく、お祓いを終わらせたら「もうお祓いも終わらせたし大丈夫」という気持ちに切り替えることが重要なのです。


厄年を心配しすぎると悪いことを呼び寄せてしまう

江原啓之さんが常に言われてる事ですが、「悪い事ばかり考えていると、悪い事を呼び寄せてしまう」と言われています。

心配というのは、心を配ると書きましょね?

心配ばかりしていると、どんどん悪い方向に進んでいってしまうという事を江原啓之さんに学ばせていただいてからはあまり心配はしないようになりました。

厄年だからって波長を落とすようなことはしない

厄年だからといって、波長が下がってしまうようなことはしないべきです。

波長は、悪い方向に考えてばかりいるとすぐに落ちてしまうものです。

波長を落とすのは簡単なことです。

波長を落としてしまうと、あなたの生きる世界も変わってしまいます。

波長というのは、引き合うものだからです。

  • 厄年だから、体のメンテナンスをしよう。
  • 厄年だから、無理をしないようにしよう。

そんな気持ちで厄年を過ごしていくことで、難なく厄年を乗り越えていくことができるはずです。

江原啓之さんから学ばせていただくことはたくさんあります。

そんな中、「思考に関する部分」はかなり学ばせていただいてます。

思考が変われば、人生は変わるんだということを今では実感しています。

人生変えたいという方は、思考の部分から変えて行ってみてください。

厄年に関する考え方も「思考の部分」を変えていくことで厄年を乗り越えていく方法なのです。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP