江原啓之さんのいう「運命を拓く」とは!?なぜ運命を開くではないの?

江原啓之さんのいう「運命を拓く」とは!?なぜ運命を開くではないの?

江原啓之さんの言葉は、多くの人たちを勇気付けてくれる言葉です。

テレビでもラジオでも、雑誌や本などでも常に人気を呼んでいますよね。

そんな江原啓之さんの言葉の中でよく聞く言葉があります。

「運命を拓く(ひらく)」という言葉です。

なぜ、運命を開くと言わないのでしょうか?


江原啓之さんのいう「運命を拓く(ひらく)」とは?

“運命を拓く”。やはり耕していかなくてはならないんです。
“本当に改善したいんだ”というエナジーが集ってこないとダメ。
分析して、諦めるべき事は諦める。
その前にやるべき事はやる。

江原啓之さんが、そう語られていました。

運命というのは、自分自身でひらいて行くことができます。

でもただ待ってるだけで、魔法のように変わるなんていうことは一切ないということを江原さんは私たちに伝えてくれています。

運命を変えたい!
白馬に乗った王子様はこないかな!

なんてぼーっと待ってるだけで、王子様はやってきてくれないですよね?

現実的な分析、そしてそれに対する対処の2つがあって、運命はひらいて行くことができるんだということを教えてくれています。

今なぜ自分には運命の人が現れないのかを分析して、どうすればいいのかを考えること。

これって、別に運命の人に関してじゃなくても同じですよね?

仕事などではよくこの方法が使われるはずです。

自ら切り開いていくことこそ、「運命を拓く」ことなんですね。


本当に運命を変えたいなら「本気で変えたい」というエネルギーが必要

人は、本気でやろうと立ち上がることで色々なことがうまくいったりしませんか?

適当にやってるうちは、気持ちが入ってないうちはなかなかうまくいかないものです。

本気で切りひらいていこうとする人にこそ、神様も見方をしてくれるものですよね。

やるべきことはすべてやった上で、どうするべきかを決めていくことこそ運命をひらいて行くことなんだということを江原啓之さんに教えていただきました。

運命を拓くって、なんで拓くという漢字なんだろう?とずっと疑問に思ってました。

でも、拓くという言葉は開拓の拓という時であり、自分の人生を自分で開拓していくという意味が込められているんですね。

色々な意味で納得がいきました。

まずその前に自分の運命を知ることも重要になってきます。

運命を知る事に関してはこちらの記事を参照にしてください。

江原啓之さんの教えに目を向けることで、人生はどんどん開拓していくことができます。

運命の切り開き方をマスターできると、必ず人生は変わります。

私の人生も変わりました。

次はあなたの番です。

人生を、そして運命を拓いていきませんか?

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP