仕事をもう辞めたいと思った時に知っておくべき江原啓之さんの言葉

仕事をもう辞めたいと思った時に知っておくべき江原啓之さんの言葉

何か気に入らない事があったり、人間関係に疲れてしまったりすると、「仕事をもう辞めたい」と思ってしまったりするものです。

そんな時、急いで行動しないで一呼吸おいて見てください。

なぜ仕事を辞めたいのか、きちんと辞めてから仕事を辞めていますか?


仕事を辞めたいと思った時

仕事自体は嫌いじゃないのに、仕事を辞めてしまうのはもったいないです。
今の自分に足りないものは何なのか、見極めるべきなのです。

誰にでも、「ああ、仕事辞めたいな。」と思うことってあるものです。

そんな時は、短絡的に「もうこの会社は無理!」と思ってしまいがちですよね?

無理=辞めるという思考になってしまい、辞めることしか考えられなくなってしまったり。

でも、そんな時こそよくよく考えてみてください。

なんであなたは仕事を辞めたいと思ったのでしょうか?


嫌だから辞めるは逃げ

仕事に行くのが嫌だから仕事を辞めるというのは、ある意味逃げだと言われています。

なぜなら、別の仕事に変わったとしてもまた嫌になってしまったら辞める選択肢しかなくなってしまいませんか?

次から次に転職してる方などは、おそらくその手のタイプなのでしょう。

転職しても、「根本的な問題」が解決されていない限り、何度でも同じことを繰り返すだけなのです。

同じ部分でつまずいてしまうだけなのです。

それって、せっかく仕事を覚えた頃に、これから向上していくという時に仕事を辞めることになったらとってももったいないですよね?

また、あなたに仕事を教えてくれた方にも申し訳ないのではないでしょうか?


仕事自体が嫌じゃないなら解決するべき課題を考える

仕事自体が嫌になってしまったというのであれば、仕方がありません。

転職するのも一つの方法です。

しかしながら、多くの場合「仕事自体が嫌になったのではなく、周りの環境などが嫌になった」から仕事を辞めたいということが多いのです。

仕事を辞めたいと思った時に、胸に手を当てて考えられて見てください。

もしかしたら、人間関係に疲れてしまっているのかもしれません。

また、朝晩の満員電車に疲れてしまっているということもあるでしょう。

原因がわかったら、どうすれば解決することができるのかを考えてみてください。

必ず、何かしらの解決策があるはずです。

人間関係の悩みでしたら、あなたのコミュニケーション不足の問題もあるかもしれません。

もしくは、わがままを通そうとしてしまってたりすることもあるかもしれませんね。

朝晩の満員電車の問題であれば、引っ越しをするという選択肢も浮かび上がるはずです。

いろいろと、環境を変える努力をまずはしてみることです。

根本的な問題を克服できたら次のステップへ

あなたの中にある根本的な問題を解決することで、「嫌だから仕事を辞めたい」ということはなくなってくるはずです。

気づいた時には、仕事に行くのが楽しくて仕方がない。

というあなたに生まれ変わってるかもしれません。

一つ階段を上ったあなたと出会えるはずです。

まずは、一旦自分の内側と対話してみることが大切だということを、江原啓之さんに教えていただきました。

仕事をもう辞めたいという方は、同じ転職を繰り返さないためにも是非「何が原因なのか」を考える時間を作ってみてください。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP