不運が続く時というのは必ずスピリチュアル的なメッセージが隠されているって本当?

不運が続く時というのは必ずスピリチュアル的なメッセージが隠されているって本当?

不運が続く時って、誰にでもあるはずです。

そんな時は、スピリチュアル的なメッセージを見逃してはいけないと江原啓之さんが言われてました。

そんな時こそ、自分を見直してみるべき時なんですね。


不運が続く時って?

不運が続くのは、誰であっても嫌ですし辛いですよね?

どうして私ばっかり、こんな不運なことが続くんだろう。と思ってしまうこともたくさんあるでしょう。

そんな時に、不運を周りのせいにしてませんか?

なんで私にばっかり不幸なことが起こるの?私が何かした?と絶対思ってしまいませんか?

そんな時には、スピリチュアル的なメッセージが隠されているということを江原啓之さんが教えてくれたのです。


不運が続くときのスピリチュアル的なメッセージ

不運が続く時というのは、自分の蒔いたカルマが返ってきただけだからです。

ガ━━Σ((  д ) ゚ ゚━━ン!!

自分が蒔いたカルマが返ってきてるだけだなんて。

と思う方もいませんか?

私もそうでした。

何もしてないと思っていても、実は結構何かしらやらかしてしまってる場合が多いのです。

過去の行いがカルマとない、あなたにつきまとうことになるのです。

必ず過去のカルマは解消していかないと、ずっとあなたにカルマはつきまとうのです。


過去の行いを清算すべき時

一つ一つ、今までのあなたが行ってきた行いを清算するべき時です。

人は、自分で行ってきた悪事を清算しながら生きていきます。

カルマの解消が、現生で与えられた課題なんだそうです。

神様は、意地悪ですよね?

こうして私たちに、様々な課題を課します。

でも、その人に乗り越えられる課題しか与えないんだそうです。

カルマの解消は、自分で蒔いたたねをなんとか刈り取るということです。

過去にやってしまったのですから、当然といえば当然でしょう。

いつか必ず自分に返ってくるなんて言われてますが、本当にこうして跳ね返ってくるんですね。

あなたに跳ね返るかもしれませんし、あなたの大切な人に跳ね返るかもしれません。

何れにしても、あなたを苦しめることだけは確かです。

そのため、蒔いてしまったカルマは必ずその場で刈り取れるようにしていくと良いでしょう。

過去に何かしらしてしまったなら、今から悔やんでも仕方ありません。

どうすればカルマを解消できるのか、考えていくことの方が先決だということを江原啓之さんに教えていただきました。

もしも、過去のカルマがあり今苦しんでるという方は、そのカルマの何倍も良い行いをしてみてください。

いつの間にか、カルマは解消されているはずです。

今、あなたが目にしている先に、江原啓之さんの言葉が生かせる情報や状況に出会えるかもしれません。


PAGE TOP